平成30年介護報酬改定において老健は大幅に見直されました。
 今までの3つの類型から、在宅復帰・在宅療養支援機能に対する
評価が新設され、その結果により「超強化型」、「在宅強化型」、
「加算型」、「基本型」、「その他型」の5つの類型に分けられる
ようになったのです。
 当施設は、平成26年5月より在宅強化型老健として在宅復帰支援
に力を注いでおりました為、
今回の介護報酬改定を受けて、
『超強化型』介護老人保健施設として平成30年4月から算定できて
おります。

 今後もシルバーケア敬愛は、医師・リハビリスタッフ・看護師・
介護士・ケアマネジャー・支援相談員等多くの専門職が一丸となって、
より多くのご利用者様の在宅復帰のお手伝いをさせていただけるよう、
更なる努力を重ねてまいります。